寒い日が続きますね。断熱リフォームであったかリフォームを!

今年は寒い日が続きますね。これだけ空気も乾燥しているとコロナも気になるところ。
皆様お身体は大丈夫ですか?

ここ数年とても暖かい冬が続いていたような気がしていて、不意の寒さがこたえます。
先日なども雪が積もりましたよね。ですが京の底冷え、寒いのはこれからが本番です。


しかしこれだけ寒いと家のエアコンの効きが悪く感じるんですよね。
エアコンが古いのか、家のつくりが古いのか。。。

家が寒い原因

一般的に家が寒い原因は気密性が低く隙間風がどこからともなく入ってくる。
もしくは屋根や外壁、はたまた床下などの施工状態によって断熱性が失われている。
などなど、大方このあたりの理由で寒くなっていると言われています。

家が寒いのは百歩譲って仕方ないにしても、家が寒くなることで
ヒートショックを引き起こしてしまう危険性も無視できないところ。
特に高齢の方がいらっしゃるご家庭であれば、ヒートショックはとても身近にある危険の一つです。

一度お家の断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

さまざまな断熱リフォーム

断熱リフォームと言っても、さまざまなリフォームがあります。
屋根や外壁に断熱材を敷き詰めることも一つの方法です。
また、暖かい空気は上に、冷たい空気は下にたまることから床下に断熱材を入れるのも良いですね。

もしフローリングの張替えをご検討されているなら転ばぬ先の杖、
ついでに断熱材を敷いておかれるのはいかがでしょうか!

あと家が寒くなる要因で多いのが、窓から忍び込んでくる風!
こいつは思ってるよりも気にされてるご家庭が多かったりします。

窓から風が入ってきて寒いんだよねーっとご相談受けることがほんと多いんですよ。
それだけ昔の窓って気密性が甘かったということなんですかね。


とにもかくにも、窓の材質も近年非常に良くなってきましたし、
窓を二重三重にして断熱性をあげることもできちゃいます。

他にもまだまだあの手この手でお家を暖かくする方法はあります。
ご相談いただければ工事の方法・期間・ご予算にあわせて様々なご提案をさせていただけます!

助成金ならおまかせを

京都市ならなんと、省エネリフォーム支援事業として断熱リフォームに助成金がでるんですよ。
ご存知でしょうか?そうした助成金のご相談にものらせていただけます。
もちろん助成金の申請は弊社がおこなわせて頂きますのでご安心ください!
ただ今年度分の申請は2022年3月15日までとなっておりますので、お早めにお願いします。

詳しくはリンクをはっておきますので、京都市の案内をご覧ください。

ぜひ一度ご相談ください!

関連記事

PAGE TOP