TOILET

トイレリフォーム

  • LIXIL アメージュZA1

     
    206,000
    5397,000
  • TOTO ZJ1

    CES9151 CES9151H
    224,400
    6676,000
  • Panasonic NEWアラウーノV

    XCH3013WS標準タイプ 床排水
    209,000
    48109,000
  • LIXIL サティスS

    S5 YBC-S40S DV-S815
    262,000
    40157,000
  • TOTO ネオレストRS1

    CES9510
    297,000
    35193,000

基本工事費

トイレ
39,800円(税込)~
  • 工事費は基本工事の他、別途工事が必要となる場合がございますので、詳細な工事費につきましては一度お問い合わせください。
  • 商品画像はイメージとなります。

TYPE

トイレタイプ

トイレは大きく分けて3タイプに分けることができます。細かいことを言い出せばその他にも色んなタイプがあるのですが、ほとんどはこの3タイプに分類できます。各トイレタイプには価格やデザインそれに使い勝手などでそれぞれにメリット・デメリットがありますので、ご希望にそったトイレタイプを選んでください。

  • 組み合わせ便器

    従来からの現在一番普及しているトイレタイプがこの「組み合わせ便器タイプ」です。このタイプは便器・タンク・便座を自由に組み合わせることができるトイレで、価格も安くコストパフォーマンスに優れています。故障したときも各パーツごとに取り替えることもできるので、そういった面からも非常にリーズナブルです。ただすべてのパーツが独立しているので形状が複雑になり、お掃除が大変っといったデメリットはあります。またタンクに水をためるタイプなので、連続使用できないこともあります。

  • 一体型

    タンクと便座が一体になったトイレです。一体となったシンプルなデザインなので、継ぎ目の凸凹が少なくお掃除がぐんっと楽になります。ただ一体となっているので、故障した部位だけを交換といった事ができません。あと若干組み合わせ式のトイレよりは高くなってしまいます。こちらもタンクを使用しているので水圧が低いところにも設置できますが、連続で使用すると水量が足りなくなります。

  • タンクレス型

    水をためるタンクがない形のトイレです。組み合わせ式や一体型と違い、そもそもタンクがないので水をためておく必要がなく、連続で使用することが可能です。またタンクがないことで非常にコンパクトにおさまり、空間も広くつかうことができるのでデザイン性にも富んでいます。ただやはりこの形はどうしても価格が高くなってしまうことと、タンク式と違い水流が低いところでは使用しづらいデメリットがあります。

PAGE TOP